ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

観光(サマルカンド)

ティラカリ・マドラサ

レギスタン広場正面のティラカリ・マドラサです

サマルカンドレギスタン広場の一角を占めるティラカリ・マドラサ(ティラカリ・メドレセ)です。
レギスタン広場から見て正面のマドラサになり、1660年に建設されました。
当時はすでにビビハニム・モスクが破壊されていたため、マドラサでありながらサマルカンドのメインモスクとして使われていたそうです。

ティラカリ・マドラサの礼拝所の内部は金箔で覆われています

ティラカリとは『金箔を施された』という意味で、その名の通り礼拝所の内部は金箔で覆われています。
ただ単調に金箔で覆っているのではなく、金箔を使って美しい模様を描いています。
建設時に5kg、修復するときには3kgもの金が使われたそうです。

丸いドームのように見える天井は実は平面です

天井は一見丸いドームのように見えますが、実は平面で、遠近法を用いて丸く見えるようにしているそうです。

ミフラブや壁にも素晴らしい装飾が施されています

ミフラブ(メッカの方角を示す壁のくぼみ)や壁も星・植物・アラビア文字をモチーフにした模様で飾られ、思わず目を奪われます。
日本だったら、こういった建築物には手を触れられないようにしていることがほとんどですが、壁を触ることもできます。
金箔を剥がして持って帰らないようにしましょう。

inserted by FC2 system