ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

観光(シャフリサーブス)

シャフリサーブスの基本情報

シャフリサーブスは緑の街の意味を持ちます

緑の街』と言う意味を持つシャフリサーブス(シャフリサブス)は、遠くにザラフシャン山脈が見える谷間の小さな町で、かつては緑豊かなオアシス都市でした。
古くから『ケシュ』という名で知られており、7世紀には三蔵法師も訪れたことがあるそうです。

シャフリサーブスの公園は花の咲く美しい公園です

シャフリサーブスはゾグディアナの古都で、ティムールの生まれた場所として有名です。
ティムールはサマルカンドにも劣らない雄大な建築物をシャフリサーブスに建てましたが、16世紀後半にブハラのアブドゥール・ハーンによってほとんどの建物が破壊されてしまったそうです。
そのせいか、あまり派手さはないですが、静かで落ち着いた観光地だという印象を受けました。
なお、シャフリサーブス歴史地区は、2000年にユネスコ世界文化遺産に認定されています。

シャフリサーブスにはツアーだとサマルカンド〜ブハラの移動の途中で立ち寄ることが多いと思われます。
大きくない町なので、自力で全ての見所を見て廻ることもできるでしょう。
見所は以下のようなものがあります。

まず最初にアク・サライ宮殿のアーチ跡に登って、頂上からシャフリサーブスの町を見渡してみることをお勧めします。
そのすばらしい景色に、ちょっとした皇帝の気分を味わえます。

inserted by FC2 system