ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

観光(タシケント)

タシケントの基本情報

中央アジア最大の都市タシケントです

ウズベキスタンの首都タシケント(タシュケント)は、ウズベキスタンの北東部に位置する人口約210万人の中央アジア最大の都市です。
タシケントとはテュルク語で『石の町』を意味します。

1964年に起こった直下型大地震によって、一度はタシケントの街は壊滅状態になりました。
しかし 懸命な復興努力の結果、見事に近代的な街に生まれ変わることができました。
道路の道幅も広く、たくさんの自動車や路面電車が走り、また中央アジアで唯一地下鉄が走っている都市でもあります。
町を行く人たちの格好も、イスラム風の人はほとんど見かけず、洗練された都会的なファッションが多いです。

またシルダリヤ川から大量の生活用水を引き込んでいるので、非常に水が豊富な場所でもあり、街の各地に噴水が見られます。

タシケントの街には緑が多いです

タシケントはウズベキスタンの他の観光地と、まったく様相が違って見えます。
他の都市でいたるところで見られた『砂の色』があまりありません。
その反面『水の青』と『木の緑』が多く見られ、人工的な自然が多い都会といったところです。

しかし、旧市街と呼ばれるエリアにはマドラサバザールが幾つかあり、やはりウズベキスタンの街なんだなぁと実感できます。

また、ウズベキスタンではサッカーが盛んで、タシケントにはパフタコールスタジアム(パフタコル競技場)というなかなか立派なサッカー場があり、また街の各所には小さなサッカー場も見られました。
サッカーのウズベキスタン代表は日本代表ともワールドカップ予選で戦っています。

inserted by FC2 system