ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

観光(タシケント)

ウズベキスタン歴史博物館

ウズベキスタン歴史博物館は、ウズベキスタンの首都タシケントの新市街にあります。
私が宿泊したタシケントパレスホテルのすぐ近くでした。

中央アジアでは最も大きい博物館で、ウズベキスタンの歴史を大まかに知ることができます。
古くは石器時代から、最近ではロシア帝国の征服以後の歴史までです。

一階はエントランスで特に展示物は無いので、邪魔な荷物を預けて、さっさと見学に行きましょう。

二階には石器時代からの鏃や土器、人骨、ゾロアスター教寺院の復元模型などが展示されています。
博物館のイチオシは、テルメズ近郊のファヤーズ・テペ遺跡から出土したクシャン朝時代の仏像で、穏やかな癒し系の顔立ちをしています。

三階はロシア帝国の征服以後の歴史、独立後の展示品が置かれていて、現代の産業についても見ることができます。

私たちの他に見学客はほとんど無く、内部はとても静かでした。
儲かっているのかと、ちょっと心配になるくらいです。

この博物館を見学した時はお腹の調子が非常に悪かったので、外観の写真を撮る余裕もなく(内部の撮影は有料)、展示物もうろ覚えです…。
ただ、トイレがとても汚かったことだけははっきりと覚えています!
紙も置いてなくて大ピンチに陥り、とてもココでは書けないような方法でなんとかピンチを乗り切りました。

タシケントで見かけた女の子と猫です

なんか最後に汚い話になってしまったので、街で見かけた女の子と猫の写真で清涼感を取り戻してください。

inserted by FC2 system