ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

ウズベキスタンのホテル

セントラルサマルカンドホテル

サマルカンドのセントラルサマルカンドホテルです

サマルカンドで宿泊したセントラルサマルカンドホテルです。
2001年の3月にオープンしたばかりの、まだ新しいホテルです。
14階建てのホテルで、高層階からの眺めはなかなかのものです。

セントラルサマルカンドホテルは内装もキレイです

新しいだけあって、内装もかなりキレイです。
サマルカンドの象徴レギスタン広場までの距離は、公園を突っ切る近道を使って1kmくらいでした。
どちらかというとサマルカンドの旧市街よりも新市街に近いです。

エレベーターはちょっと古臭いです|ウズベキスタン

このホテル、新しいワリにはエレベーターがちょっと古臭い型です。
個人的なイメージとしては、伊香保の温泉ホテルのような感じでした。
タシケントパレスホテルのガラス張りエレベーターとは大違いです。
またトイレは洋式ですが、『便器に紙を流してはいけない』 のタイプのようでした。
日本のトイレットペーパーに近い柔らかいタイプでしたが、万が一詰まると大変なので、一応備え付けのくず入れに捨てましょう。

inserted by FC2 system