ウズベキスタン観光情報 ~ウズベキスタン旅行記とエリアガイド~

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

観光(ブハラ)

マゴキ・アッタリ・モスク|ブハラ

ブハラ最古のモスクであるマゴキ・アッタリ・モスクです

ウズベキスタンのブハラにあるマゴキ・アッタリ・モスクです。
地中に埋もれていたのを1936年に発見され、今でも周囲の地面よりも5mほど低い位置にあります。
マゴキとは『穴の中』という意味です。

モスクの中ではブハラで最古だそうです(全部の建物の中ではイスマイール・サーマーニ廟が最古)。

マゴキ・アッタリ・モスクの壁面は三層にわかれています

マゴキ・アッタリ・モスクの壁面は三層にわかれています。
一番下が彫刻されたレンガ層、真ん中がアラベスク模様の層、一番上が最も新しい層です。
これはこのモスクが何度も破壊され、その上に再建されてきた証です。
最下層が仏教寺院の跡、真ん中がゾロアスター教の寺院の跡、一番上がイスラム寺院の跡に当たるそうです。

モスクの中は絨毯博物館&絨毯屋さんになっていました。
低い位置にあるためか建物の中は涼しげで、暑さから逃れるにはちょうど良い場所でした。

inserted by FC2 system